Steampunk Town

既刊

スチームパンクタウン エピソード1 とるに足らない予言書

スチームパンクタウン
エピソード1 とるに足らない予言書

のどかにティータイムを楽しんでいた発明家のベンジとその助手エルザの元に、芸術家のアシュトンがやって来た。

非常に深刻そうな様子だが、そんなことはさておき、ベンジとエルザは彼にも紅茶とお菓子を勧めてみることにした。

そのあまりの美味さに、とりあえず一旦は落ち着いたようだが、それで収まると思ったら大間違いだった。

  • エピソード1: サンプル1
  • エピソード1: サンプル2

Kindleストア

  • 初版発行日: 2014年7月17日
  • 仕様: フルカラー26P
スチームパンクタウン エピソード2 動くことをやめた秒針

スチームパンクタウン
エピソード2 動くことをやめた秒針

ある日、時計の秒針の動きのみが止まるという奇怪な現象が街中で発生した。

考古学者キースの家でくつろいでいた恋人のドロシーは、その原因を解明する為、キースと共に外へと飛び出した。

調香師ジェニーの助言により、二人は永久機関を完成させた人物、カーライル・ストリンガー博士の屋敷へ向かうこととなったのだが……。

  • エピソード2: サンプル1
  • エピソード2: サンプル2

Kindleストア

  • 初版発行日: 2015年12月21日
  • 仕様: フルカラー29P